それ以上でも以下でもない

ブログ主がちょっと変

映画 サンクタム「聖殿」

3. パンニキン・プレインズ・ケーブ

8_e0

 1988年、アンドリュー・ライトは15名のチームで、世界最深と言われる西オーストラリアの洞窟を初めて探検していた。

 そんなとき、突然嵐が襲い、洞窟の入り口から洪水の水が入り込んできて、洞窟の中間付近が崩落した。15名は地下に閉じ込められ、ライトと数人は狭い岩棚で足止めをくらってしまった。

 頭上の岩は今にも崩れてきそうだったが、大量の水が迫ってきていて、どうしたらいいのかわからなかった。洞窟の壁の岩が次々に水の中に落ちて、あえて足を踏み出そうものなら、直撃される恐れがあった。

 ライトはなんとかこの状況を打開しようと、水の中を泳いで出口を見つけようとした。27時間以上かかって、全員が一致協力して脱出に成功した。

 

karapaia.com

 

上の話を元にした映画のようです。本当かどうかはわかりません。

Amazon CAPTCHA

f:id:morihirohate:20180708135201p:plain

 

 

ちょっと安全域からずれるとそこは神の領域でした。

生存域から外に出ないので普段は意識できませんが、人間の生存域はとても狭いです。