感想

ドSトレーニング 放送番組感想

訓練所の広告みたいなもののようですが 安藤美姫が出て来ました。 いわく、フィギュアスケーターだから訓練できない。 最初から仕事を受けないで下さいと言いたいところですが、彼女はフィギュアスケーターに依頼した以上、話を持ってきたほうが配慮するべき…

痛い在宅医 読者感想

在宅医療の現実的な落としどころを一つの事例を以て語ってくれています。 在宅だからと言って、10苦しい死に方が1苦しいになる訳ではなく、5~7苦しい位になる程度だという事です。 元々状態がそこそこ、準備もそこそこ、看取り医もそこそ。そういった人の事…

アイアムレジェンド地球最後の男 映画感想

別の結末版があったと知り、見てみました 前の結末と違い、博士が自分自身が鬼側から見て、悪鬼の所行を行っていた事に気づく結末になっています。 人類は自分の価値観では変な生き物になってしまいましたが、こちらの正義で「治療」するものではないと。 現…

地球、最後の男 映画感想

これは大変ひどい映画です なぜ制作したのでしょうか。 全体的に予算のなさを感じさせますが それは良いのですが、 見る人の事を全く考えていない 全く楽しくない映画でした。 言いたい事は分かります。。。 映画として見るのはひたすら苦痛でした

幼女戦記 losloslos 歌詞

http://www.kasi-time.com/subcat-cat-6743-1.html サラリーマンの曲ですよね。。きっと。。。 迷いありませんね。。ブラック会社も真っ青ですが、逃げ場がなければこの歌詞の通りになるのが幸せって事なのでしょう。。 こんな世の中が現れないよう努力した…

幼女戦記 放送感想

映画になる為か、話題の作品になっていたので少しアマゾンプライムで見てみました。 かなり面白いです。 神の理不尽に復讐を誓う主人公と、主人公を弄ぶ神。 放送動画の開幕歌と終幕歌が神と主人公との相聞歌になっている風なのも気に入りました。 神様同士…

ジョジョの奇妙な冒険 実写映画 感想

子供向けではあるものの、スタンドの表現など時々感心する場所があります。

カンボジア 運命の門 読書感想

あのとき、あの場所にいて、多少当事者となったフランス人男性の体験記です。 彼が見たもの書き綴ったものです。

悪の教典 映画感想

殺される側のあまりにの失策振りに、恐ろしくはなくなります。演技も騒がしいだけです。 殺す側もひたすら猟銃を撃っているだけ。 主人公は無邪気に正義を貫いているだけで共感できません。 単純作業でひたすら生徒達を殺害していくだけです。 しかしこの主…

チベット旅行記 上 読書感想

ものすごい冒険譚です。しかもこの人は冒険家でそういう事に向いてる人ではなく、頭のいいお坊さんです。書中でも何度も死にそうになっています。 大回りして、生きて帰って、この詳細な記録を残して、発表してくました。 感服ものです。 以下、抜粋 「進む…

SEVEN 映画感想

無垢の罪で押し掛け教師二人にろくでもないことを教えられるも、なんとか二人を撃退した副主人公。二人に無垢の罰として与えられたものは大きすぎますが、彼は折れることなく自分自身を貫きました。 自分自身が「真実」を見て不幸だからといって、お前も「真…

The cell 映画感想

多少気持ち悪いです。 いわゆるエログロに区分分けされて 愉快さや感動や痛快さもなく、ひたすら気持ち悪いです。 [f:upload:content://media/external/images/media/95280 静止画で取り出して見る分には美しいかもしれません。

初耳学 パリコレ学 放送番組感想

少し、開始時の映像が流れていました。 今日の放送と比べると歩き方がまるで違います。 そして、本職のモデルさんの映像が流れていました。 本職のモデルさんはみんなああいった歩き方をしているので気づきませんでした。 本職さんは本人の個性といいますか…

銃・病原菌・鉄 DVDガイド 読書感想

本版にあまり出ていない色付き挿絵がたくさんあってこれだけでも楽しいです。 改めて、使い易い穀物、馴らしやすい動物は有史いらいこれだけだったと感嘆します。 もしこれらの動物植物が生まれていなければ、私たちは現在にたどり着かなかっただろうと信じ…

聖☆お兄さん 映画感想

購入したいです。 主人公二人の口調がとても穏やかで癒されます。 原作の漫画が好きで、プライムビデオで見つけて見ました。 映画も原作の雰囲気をより濃くした感じで素晴らしいです。 DVDを購入して持っていたいです。

Queen of Vampires 映画感想

女王役の女性の動きがとても素晴らしいです 程よい体格でそれだけでも見応えありますが、踊っている動きが美しいです。 映像に集中できました。 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアの続編ということでしたが、続編というよりは平行世界といった感じです。

選別救助 放送番組感想

選別救助は必要です。見込みのない現場に消防資源を浪費し、目の前にはない助かる命を見殺しにしたというのはごめんです。 見込みのない人間を救助を依頼するのは、他の救助を待つ人間に巻き添えになれ、という事です。 ただ、目の前にあって消防隊員を逆恨…

ゴースト・ボーイ 読書

良い機会はやってくるとは限りません。しかし、準備して、待ち構えていた人だけがそれを掴めるみたいです。そして、相応の力をつけた人が引き寄せ、手に入れる事ができるようです。 以下抜粋 「要するに、僕はずっと昔に「箱」に入れられてたのだ。実は、誰…

銃・病原菌・鉄 読書感想

つまり、たまたまという事です。 人間が意図的に出来ることはとても多いですが、それは所詮囲いの中での事だということです。 以下抜粋 「家畜化できている動物はどれも似たものだが、家畜化できていない動物はいずれもそれぞれに家畜化出来ないものである」…

ジョン・ル・カレ伝 下巻 読書感想

下巻は上巻と打って変わり、文章も内容も面白くなっています。ル・カレの記憶がより詳細なのかもしれませんし、訳者がこなれてきたからなのかもしれません。 以下抜粋 P73 ストーリーに入るのはできるだけ遅いほうがいいと思っている。入るのが遅くなればな…

let it go 劇中歌 自分の和訳

The snow glows white on the mountain tonightNot a footprint to be seenA kingdom of isolation ここは雪が白く輝く夜の岳 見渡す限り足跡ひとつない 私を女王に頂く孤独の王国 The wind is howling like this swirling storm insideCouldn't keep it in,…

老後の資金がありません 読書感想

流れがよく、定型通りの小説です。 登場人物が稚ないながらも幸運を味方につけて頑張る物語で幸せな結末を迎えます。 1~2時間くらいで読めて、娯楽映画を1本見たような感じです。

絶望の国の幸福な若者たち 読書感想

若者による若者論です。2011年著。社会学の研究者。 「」ない抜粋。 「あらゆる近代社会は「二級市民」を必要としてきた。」 二級市民、つまり市民権を持たない限定承認の人たち。昔は女性、今は移民をこの席につけようとしています。二級市民の席は座り心地…

サイエンスゼロ 各人の脳が好む音楽

脳波計を装着して、見本となる音楽を聴き、人工知能が各人の脳が好む音楽を自動生成するプログラムが紹介されていました。 紹介されていたのは4人ですが かなり個体差があると感じたのは 私が人間だからなのでしょう。 犬や猫が聴けばどれも同じと言うかもし…

読書感想 英語とはどんな言語か

これは英語を道具として使いたい人がよむものではなく、英語という言語の魅力にはまった人がよむものでした。 あまりわかりませんでした。 抜粋 英語とは男性的な言語である 抜粋終わり つまり、英語は理論的に事象を表すもので使いやすい事は使いやすいよう…

読書感想 高貴なる殺人

どちらかというと、高精度の殺人といった感です A Murder of Quality 少年たちは災厄を好むものだ。死の怖れのない者ほど、かえってそれに魅力に感じるのさ。 それがスマイリーの結論だった。幼児に食事をとらせるのと似て-スプーンに盛りすぎてもまずいこと…

読書感想 ほぼ命がけサメ図鑑

サメを主軸とした雑学書で、楽しく読めました

日経アーキテクチャ 感想

帝冠様式という名前があったのですね まさに、名付けです

がっちりマンデー 住宅更新

ニッカホームさん 現場の手は多能工を育て、かつ自社社員としています 多能工と専門工だと当然専門工の方が上手で早いです しかし、移動と時間管理が難しく、小規模の現場だと損失が大きいです また、下請けさんにお願いすると、工事の量により調整が簡単で…