感想

半地下の家族 映画感想

鏡球みたいに 見る人によって見えるものが違う 良い作品です また主演男優が良いです 行間を広げる為にあまり固有要素を持たない役なのにそれで映画を成り立たせています。 彼が最後にやってしまった事に関しても 見る人によって動機が異なると思います 私は…

鷹と生きる 読書感想

鷹狩りについての本出はなく、 松原英俊という人についての本です 鷹についての記述はあまりありません ムツゴロウさんと話が合いそうです。 ムツゴロウさんからお金とか名誉とか権力とか甲斐性とかを削ぎ落としたらこんな感じだったのかもしれません

残された人々 読書感想

未来少年コナンの原作、という事で読んでみました 素朴で読みやすい児童文学と思います

鬼滅の刃 10~12

少年漫画っぽくなってきました と思いきや、やはりよくわかりません つかみどころがないと言うよりも持っているもの全てを叩き込んだ闇鍋のような感じです 王道戦闘漫画を目指すのかな?と思えば心系に行きつつ、やはり滑稽に戻る

鬼滅の刃 4~7

読み物漫画と思いきや 滑稽漫画だったらしい ひたすら作者の怒濤のボケが続いていきます 登場人物、全てが作者です。 話の展開や人物設定などは意味をなしません 全て平均点以上のあまり面白くない漫画と思いましたが訂正です 脱力系の漫画でした クレヨンし…

鬼滅の刃 1~3

すごく人気らしいので借りてみました。 いまいち面白さがわかりませんでした。 ひたすら戦ってばかりなので 絵を楽しむ漫画と思いきや絵が拙くて 入り込めません 主人公が何らかの血筋だという設定があるらしいです 秀才の漫画という感じです まんべんなく平…

ポツンと一軒家 実質的に別番組化

わりと好きな番組でした。 少しづつ変質してきてましたが、久しぶりにみてみましたら別番組になっていました。 まあ、ポツンと一軒家は無限にあるわけではありません。 また40年位経ったら同じ番組が始まると良いです。

がっちりマンデー リサイクルウォーズ

引っ越しと同時の家具家電買取 トレジャーファクトリー 服の新古品(ブランド名を消す点がアウトレットと違います) RENAME 屑宝石の再利用 見応えがありました 物が無駄にならずもう一息流通に乗るのは 素晴らしいです

神々の山嶺 後半 漫画感想

後半は、やはり図解といった感ではありますが、とても良い図解です。 エベレストがどんな場所か、ネパールがどんな場所か、主人公達がどんな場所にいたのか、知らない為に想像できません。副読として読むと「エヴェレスト 神々の山嶺」をより奥深く楽しめま…

神々の山嶺 読書感想

先に上げたエヴェレストの漫画版です 小説が出版されてからすぐに漫画化されたようです。 小説を読みやすく漫画に直したものです。

エヴェレスト神々のいただき 読書感想

いちど読んで面白く、もう一度読み直したくなります 小説として良く組み上げられ、装飾も不足なく、きれいに出来上がった作品です 夢枕獏さんは流行作家だと思っていましたけど、これほど良く練り上げられた作品を作る人だったのだと、今知れて良かったです…

なぜ中国は民主化したくてもできないのか 読書感想

香港デモが続いています しかし、あれだけの人数がいる国でどうして強権政治が成り立っているのか 不思議です 中国人ならではのメンツ問題、自分の身内以外はどうなっても良いという自己中心性 本当に、子供のまんまですね。 政治は自分たちが作りあげるもの…

霊能力者と事故物件をみてきました 読書感想

事故死者、自殺者は寿命までその場に留まると言いながら、自殺者が内見の際に上がって行っちゃったり、成仏してたり 矛盾はありますが、面白かったです 創作ものです。が、地獄とは、今までの罪を浄化する為の場所、と最後にありました。 ちょっと良い話と思…

娘が不登校になりまして 読書感想

母の視点から見たもの 問題が発生した時点でそもそも素地があったという事で、そこから万事上手くいって急激に回復するわけありません 出来ないなりになんとかやっていく事だと教えてくれました 母子共にがんば!

it それが見えたら終わり 映画感想

恐怖映画と見せかけた漫才映画と思わせて、 閉鎖的な地域共同体の中での 「空気」=化け物に対して、その正体がハリボテであることに気づき 自分の存在を確立させていく物語のようでした 主人公達は一人一人がいかにも田舎では娯楽対象として玩具にされそうな…

転生したらスライムだった件13.5 読書感想

もはや、読むのが大変です。 主要登場人物200超えの苦行。 今時の小説って広く浅くが受けるのでしょうか。

ファザー・グース 読書感想

昔あった映画 「グース」の原案で、 ちょっと変わった人の随筆みたいなものです。 グース(雁)と鴨の違いは、 基本的に大きさで 大きいのが、雁、小さいのが鴨です 鸚鵡と鸚哥の違いのようなものでしょうか。 その大きな鳥の渡りを人為的に調整できるか、と…

ミセスパンプキンの人生相談 読者感想

有名なミセスパンプキンではなくて、同名で人生相談をしている日本人です。 読み物として面白いです。

幼女戦記10 読者感想

相変わらず振り回される主人公。 僕は命令に従わないといけない。 今日も自分の経歴と命を守る為にがんばります。 なかなか、世の中上手くいかないものです。 世界が滅んでも自分だけは活きていたい主人公は、成果を残す為には自分たちが滅んでも良いと考え…

幼女戦記 読者感想

進まない主人公の転職活動 最悪になりすぎて、もはや描写する事ができなくなりました国内事情。描写すると話を続ける事ができなくなりますので、金の雲の中に。 ここに来て生き生きする謀略。 ライトノベルに整合性を求めるのは不粋でしょう。 おじさん達が…

ダークナイト 映画感想

こちらのjorkerは狂っている感があってすごく良いです 一番好きなのは、彼が病室から出る時にきちんと手を消毒するところです これから病院を爆破するのにちゃんと消毒する。辻褄があっていてすごく好きです。 ジョーカーのジョーカーは後天的な環境でジョー…

ジョーカー 映画感想

暴力的な映画で人がたくさん殺されたり、暴動があったりはしますが、生々しい描写はありません 内容も軽く、暴力が苦手ではない人は娯楽映画として楽しい映画だと思います。 私はあまり好きになれませんでした。 バットマンのジョーカーとは人格が大分違うよ…

サイエンスZEROから、KAGURA特集

不思議です。 地球から出られない高々100年程しか生きない生き物の集合体がそんなに遠くを見ようとするなんて 果てなく広くて果てなく永い 怖さを感じつつも知りたいと思う事をやめられません

漫画 鬼灯の冷徹29 限定版

限定版を買う程の内容ではありませんでしたが、この漫画が気に入りました 怨みを肯定的に捉えているところが良いです

転生したらスライムだった件13 読書感想

魔王の存在が気にくわない敵が攻めてきました 蹂躙返ししました 生き返らせました あと、 道具を使いこなすには修練が必要。 どんなに良い道具を持っていても使いこなせなければ意味がない という事でした

光抱く友よ 読書感想

もう30年近く前の書き物です 今はこの密度で書く人は少なくなってしまいました。 主人公達が何を感じたかを、主人達がどういう空間を体験したかを細やかに彫り込んだ文章が心地よいです 目の詰まった更紗のようです。 抜粋 「強い信念のひとほど、何かという…

潮ととら お外道さん 言葉

お外道さんは人に使役される妖怪です その文言が 雨風を具して参れ風を巻き、重ねて来たれ昔日に縹々とすすき野に啼く彼の時を想えい汝よ。 時は流れ逝きて留まること能はずとも、なお。 侍髪長くして長柄は隠形の型汝を幾重にも責め刻む曰く、これより汝が…

千本桜 歌詞 

行間が広い言葉は懐深く、色々な人が色々なものを見いだします これはその一つの拾い方です 大胆不敵に ハイカラ革命磊々落々 反戦国家日の丸印の二輪車転がし悪霊退散 ICBM (戦後主義を一転させた日本、日本製品を愛用しつつ反日する中国への揶揄、転じて…

黒執事 読書感想

どのような漫画か気になっていましたので貸本で読んでみました。 アクションコメディでした。 二次創作で盛り上がるのもわかります。登場人物の性格描写が乏しいのです。主人公に至っては性格が存在するかもわからないです。副主人公は、とにかく苛烈な性格…

虚数の情緒 読者感想

ある1人の人の教養を吐き出した本です 中学生向けとありますが、大人がぼちぼち読むのも楽しいです 雑学本(強)